前へ
次へ

子育てにおける母子のスキンシップの重要性

子供を育てる上で、とくに乳幼児期の子供と母親のスキンシップがとても重要であることが徐々にわかってきました。
特に、男の子の場合それが顕著であるのです。
それというのも、男の子は成長とともに母親とのスキンシップの機会が徐々に失われてきます。
とりわけ中学生になると向こうから離れていくようになるのです。
それまでの間どれだけ母親とスキンシップをとることができたかが、子育てにおいてその後の子供の人格形成に大きな影響を与えると考えられます。
早い子だと第二次性徴期が小学校の中学年から始まります。
そうなると異性を意識して上手く接することができなくなります。
一番影響を受けるのが、子供と母親との関係であるのです。
昔は何も考えずに接することができていたのが、辺に意識をするようになってぶっきらぼうになったり、避けるなどの行動に出ることは珍しいことではなく、第二次性徴期の顕著な行動様式の現れとも言われています。
意識をすることで母親と上手くコミュニケーションをとることが多くなるのです。

そこで、乳児期から幼児期にかけて子供と母親とのスキンシップを重視する必要があります。
この時期であれば、母親と手をつないだり、触れ合ったりするということに恥ずかしさを感じる気持ちはまだ芽生えていないので、少し大げさかな、というくらいに子供と接するように心がけることが大切です。
頭をなでたり抱きしめたりと簡単な接触でありますが、その行為が成長期の子供に大きな影響を及ぼすのです。
では、第二次性徴期における子育ての重要性はどのようなものでしょうか。
子供の頃のように大げさに頭をなでたり抱きしめたりすることは、外国人でなければなかなかできないことです。
そこで、わざとらしくない範囲でスキンシップを心がけることを大切にすることです。
肩をぽんと叩いたりすることも大切なスキンシップの一つとなります。
向こうから接触してこなくなったときこそさりげないスキンシップをすることです。

Page Top